5/18 5/19 【 子どもたちには不思議な球と円 】

≪童具の時間≫

「球と円の形合わせ・カッティングボックス」

今回は、子ども達の大好きな型はめ遊びと転がし遊びを合わせて1つの活動としました。転がし台の一番上に、カッティングボックスの蓋をセットし、木球や円モザイク、円柱積木などを転がして遊びます。円と球を同時に出すことで、円と球の相違点や共通点を暗示しました。また、朝の時間にもよく出てくる、円筒を渡し、それに入れる遊びも行いました。最初のケルンブロックの活動では、8つの立方体のストーリーを導入で行いました。立方体を1箱使い、絵本のようにストーリーを組み立てて見立て遊びを行います。今回は、女の子が朝起きて身支度を済ませ、お買物へ行くというストーリーのお話しをしました。




3 views0 comments

Recent Posts

See All

≪童具の時間≫ 11月9日・10日 「鏡遊び」 今回は、次回の活動「万華鏡作り」ともつながりが感じられるよう「鏡」をテーマにした活動を行いました。 万華鏡の回転させて遊ぶところにもつながりを持たせられるよう、回転台を用意しました。 回転台の上に白い画用紙をのせ、その上に円弧モザイクを並べます。 完成した後は、わくわくミラーを合わせた三角柱の鏡で覗き込み、形の変化を楽しみました。 慣れ親しんだ円弧モ