5/6 5/7 【 子どもの目が輝く 浮かぶふうせん 】

今回の活動は、中が「密」である状態のボールと、中が「疎」である状態の風船を比較した遊びです。対比された質の違いとともに球の多様性も感じ取ります。まずは、天板の坂道を用意し、そこからキャンディボールを転がしてまずは遊びます。そこに子どもがくぐれるサイズの大きな円柱紙管を用意し、天板に固定しました。キャンディボールを転がしても、子ども自身が入ってもどちらでも遊べるように設定し、球から円柱の活動への橋渡しとしました。次に、風船が登場し、今度はそれをサーキュレーターに浮かべます。この様子を眺めて観察したり、ポンポンと床に落ちないように投げて遊んだりする事で風船の特性を楽しみました。




1 view0 comments

Recent Posts

See All

≪童具の時間≫ 11月9日・10日 「鏡遊び」 今回は、次回の活動「万華鏡作り」ともつながりが感じられるよう「鏡」をテーマにした活動を行いました。 万華鏡の回転させて遊ぶところにもつながりを持たせられるよう、回転台を用意しました。 回転台の上に白い画用紙をのせ、その上に円弧モザイクを並べます。 完成した後は、わくわくミラーを合わせた三角柱の鏡で覗き込み、形の変化を楽しみました。 慣れ親しんだ円弧モ