2022年3月(1週目)活動報告

≪童具の活動≫

3/1・2


「おどろ木」


今回の活動は、waku-block45よりも更に大きい、6cmの積木であるおどろ木を使った活動です。


前半はケルンブロックを使って遊びました。


後半はケルンブロックと組み合わせておどろ木を使い、建築遊びなどをメインに活動を行いました。


おどろ木は、三角形の複雑な要素を味わえるよう、ケルンブロックの二等辺三角形板なども交えて渡しました。


今回は、ケルンブロックの延長線上におどろ木があるような流れだった為、ケルンブロックをたっぷり楽しむ子や、おどろ木をメインに遊ぶ子など様々でした。


見立てや建築遊びなど遊び方も様々でした。







≪アトリエの活動≫

3/3・4


「木っ端の椅子と塔(卒園制作)」


今年度最後の親子制作は、卒園式で使う木っ端の椅子と木っ端の搭を作りました。


バラバラの木っ端をボンドでくっつけて形を統合させることで作品を作り上げる、複合をテーマにした活動の1つでもあります。


椅子に関しては、仕様が例年と少し変わり、座面は大きめに、足は直方体になりました。


サイズが大きくなったことで塗る範囲も広がり、集中力がより一層求められるようになりましたが、在園児さん、卒園児さん全員がとても素晴らしい作品を保護者の方と一緒に作り上げていました。


卒園式、そして2021年度を飾る素敵な作品が出来上がりました。







12 views0 comments

Recent Posts

See All

≪童具の活動≫ 2/15・16 「穴あきボードとピン打ち輪ゴム」 今回は、集団用のお手製ピンボードを使って遊びました。 普段は、最初からピンがささっている状態の一人用ピンボードで遊んでいますが、今回はピンをさすところから子ども達に初めてもらい、輪ゴムを引っ掛けて楽しみました。 大きなピンボードを皆で使う事により、お隣の子と輪ゴムをつなげて新しい形を生みだすことができました。 2~3歳児さんの好きな