2022年2月(2週目)活動報告

≪童具の活動≫

2/8・9


「WAKU-BLOCK45の建築遊び②」


今回は、WAKU-BLOCK45を使った2回目の活動となりました。


前半のケルンブロックがかなりの盛り上がりをみせ、そこで集中力を使いきった子も多くいました。


前回はわくわくトレイを使いましたが、今回は積木の収納箱をダイナミックにつかい、より子ども達自身のお家のイメージに近づけて遊びました。


1回目、2回目と、WAKU-BLOCK45を使った積木遊びが続いた為か、高い箇所を積むのにも慣れてきました。


是非、今回の体験をもとに次年度以降、アトリエやご自宅、プレスクール等での積木遊びを深めて欲しいと思います。








≪アトリエの活動≫

2/10・11


「竹ひごの線模様」


今回は、竹ひごのしなりを利用して、画用紙に線の模様を描いて楽しみました。


養生をした雨どいに水を少し溶かした絵の具を用意しておきます。


そこに竹ひごを浸して、全体に絵の具をまぶし、子ども達に渡します。


竹ひごの先端がお友達の顔に当たらないよう気をつけながら、竹ひごをしならせ、紙にうちつけます。


すると、竹ひごの跡が重なってススキの葉のような模様がたくさんできます。


派手な動きと裏腹に、慎重さも必要なこの活動。


子ども達の「もっとやりたい!」という意欲を発散させる為、今回は竹ひごの模様作りに加え、同じ画用紙上に水で溶かした絵の具の塗りたくりも行いました。


線が完全に消えてしまうことなく、満遍なく塗った絵の具と調和して、素敵な作品が仕上がりました。





1 view0 comments