2022年2月(1週目)活動報告

≪童具の活動≫

2/1・2


「WAKU-BLOCK45の建築遊び①」


今回は、久しぶりにWAKU‐BLOCK45の積木を使って建築遊びを行いました。


以前は、わくわくトレイをメインに使い、積木は主に柱として使用し、高いタワーを組み立てました。


今回は、小ボックスの上にわくわくトレイをおき、そこに積木同士がピッタリくっつきあうようにイメージして、積木をたくさん積みました。


子ども達の見立てる力も以前より増しており、同じビルですがテーマが人それぞれ違っていたのが印象的でした。


車の工場やお城作りがテーマだったり、とにかく大きなタワーを作る事を目標にしていたりと、「創りたい!」「やってみたい!」という主体的な気持ちが、大きな作品作りへの原動力になっていると強く感じました。









≪アトリエの活動≫

2/3・4


「ビーズの軌跡」


今回は、天板の坂道に画用紙を敷いて、ビーズに絵の具をつけて転がす「ビーズの軌跡」の活動を行いました。


以前、カラーボールを使い、同じように絵の具をつけて軌跡を見た時とはまた一味違う、水の流れのような綺麗な模様ができあがりました。


木っ端を紙にくっつける事で更に面白い模様を生み出す事ができました。


最後は、ビーズを洗うために、大きなタライにぬるま湯を少し張ったのですが、色水が大好きな子ども達は早速手や足をつけたりして楽しんでいました。


球の軌跡を、絵の具をつけて見えるようにする事で、球の中に内在する線の要素に気づくことをねらいとしています。





4 views0 comments