造形や積み木の活動が始まりました

4月のボールの活動が終わり5月からは


積み木・造形の活動が始まりました


プレスクールでの活動は 

主活動に積木と造形の活動を週に1回ずつ行なっていきます


ボールの活動は動きがありましたが

積木の活動は少し集中力を要します


言い換えれば集中する時間を少しずつ

その子のペースで無理なく増やしていくことができます


和久メソットの定番 8個の立方体でお話をします


先生がまるで絵本を読むように子どもたちに展開を見せていくと


子供たちのイマジネーションが高まり 「私もやりたーい!!!!」

子どもたちのやる気がムクムクと湧き上がっていきます


そして20分から30分それぞれの遊びを

積み木で遊んだ後 さらに子どもたちの遊びを刺激する

かたち遊びを楽しみます



造形活動の始まりは「赤い風船」


子どもたちに浮かぶ風船でわくわく遊んだ後に赤い絵の具を思いっきり


机の上で彩色していきます 


初めから手で塗ることを楽しむ子もいれば 手が汚れることが気になる子もいます


子どもたちのペースで活動に向き合うことを大切にし


見守りながら活動を進めていきます


いつも思うのは  1歳や2歳の小さな子ども達ですが


こうした遊びの環境を用意して

子どもたちの心がしっかり安心できていれば 


遊び込むことができる力が自然に身についていきます








19 views0 comments

Recent Posts

See All

≪童具の時間≫ 11月9日・10日 「鏡遊び」 今回は、次回の活動「万華鏡作り」ともつながりが感じられるよう「鏡」をテーマにした活動を行いました。 万華鏡の回転させて遊ぶところにもつながりを持たせられるよう、回転台を用意しました。 回転台の上に白い画用紙をのせ、その上に円弧モザイクを並べます。 完成した後は、わくわくミラーを合わせた三角柱の鏡で覗き込み、形の変化を楽しみました。 慣れ親しんだ円弧モ