自分から先生の胸に抱っこ

今年度のプレスクールは慣らし保育を終えて5月を迎えました。


9時から9時半までに登園し、11時の降園。

そしておやつを食べて11時半の降園。

12時までの保育はまだ疲れが見える子どもたちも。


初めての母子分離を乗り越えるのは子どもたちだけでなく

お母さまの心も大きく揺れ動きます。


子どもたちにもお母さまたちにもより繊細に寄り添ってあげたいと

例年強く思う時期でもあります。


子どもたちはそれぞれのペースで乗り越えていくけれど

表現の仕方は皆それぞれですそれぞれです。


そしてお母さま自身もこういった場面を通して大きく変化されていきます。


前回まで強く涙が出て泣いていたお友達が、

先生に自分から抱っこされて、自分の心を決めてママにバイバイする姿。


私たちに寄せてくれる信頼が少しずつ積み上がっています。


こんな乗り越える時期を例年「ボール遊び」がとてもサポートしてくれます。


4月はボール遊び、ビーズ遊びを行い、動きのある活動が

子どもたちにわくわくを与えてくれています。


写真はおやつの時間。


野菜や果物のスコーンとクッキーをおやつにいただきます。


子どもたちも手を合わせて「いただきます」のご挨拶ができるようになってきました。




8 views0 comments

Recent Posts

See All