慣らし保育を終えて

プレスクールはGWのお休みに入りました

4月は慣らし保育

プレでは超少人数制で保育をしていて

6名(コロナで8名から6名に減らしています) の子ども達に3名のスタッフが通常ですが この時期は 4、5名で子ども達を見ていきます

この人数で見られるのは 保育者にとっても本当に幸せです

子ども達の小さな心の動きをしっかり見ていきます

今年も驚くほど 子どもたちが早く落ち着いていますが (例年本当に驚きます) 私たちとの愛着はまだまだ これからです

自立していて 全く泣いていない子も当然ですが 緊張してます マンツーマンでついて仲良くなれるように しっかり関わっていきます

するとぐっと感情を吐き出して 私にしっかり甘え その後 活動の集中力がぐっと深くなるお子さんもいます

4月に たくさんのボールを使って活動を行いますが 母子分離にボールの効果は 素晴らしいものがあります

動きや躍動感のある活動が生まれ 次第に子ども達が引き込まれていくのが分かります

お母さんから離れて 出会う社会の初めてが安心感溢れ わくわくする場所だと 感じてもらえるように

5月もますます子どもたちとの時間を大切に 過ごしていきます

子どもたちは 4月の慣らし保育を終えて 5月から造形や積み木が始まっていきます

お母様は 私たちと子育ての方針を共有する学びの場が始まります

昨日のおやつは鯉のぼりと富士山のクッキーでした





20 views0 comments

Recent Posts

See All

≪童具の時間≫ 11月9日・10日 「鏡遊び」 今回は、次回の活動「万華鏡作り」ともつながりが感じられるよう「鏡」をテーマにした活動を行いました。 万華鏡の回転させて遊ぶところにもつながりを持たせられるよう、回転台を用意しました。 回転台の上に白い画用紙をのせ、その上に円弧モザイクを並べます。 完成した後は、わくわくミラーを合わせた三角柱の鏡で覗き込み、形の変化を楽しみました。 慣れ親しんだ円弧モ